とてつもなく、何度もくどく、子供に話します。それを子供は嫌がって、もう、やめろと話します。これが、問題ですよね。つまり、聞きたくないことは、聞かないで済ませ、聞かなかったから、できない。返事も、適当にして、小声でいい、言ったのに、聞かなかった親が悪いという考えです。結構、どちらのお子様にもあることではないでしょうか。
特に、聞きたくないので、がみがみを辞めてといって、話を遮るのです。いつも長いし、わかったから、といいますが、まったく、わかっていないし、千回以上も繰り返します。きいてなどいないのです。かといって、たたくのも、嫌です。手が痛くなるし、反対にやられえしまいますから。
小さいときにもっと、まめになるよようにしつけが大切なのかもしれません。だから、幼児教育無償かなのでしょうか。
ですが、聞きたくないこともがみがみと話しています。言わないでは済まされないし、言わないでは、損をすることも多いし、金銭的にも大きな損害になるのです。
十八歳成人は、節約できない大きな問題ですよね。だって、高校生が成人になってしまったらトラブルに巻き込まれて、節約どころか、その後始末に、大学入試どころではありませんから。
引っ越し資金を借りるには。上手に引越し費用の融資を受ける方法