私は29歳のときに イエスキリストに 検診のお祈りをしました 主の十字架 東京アンテオケ教会 パウロ秋元牧師 パウロ秋元牧師の説教に イエスキリストに 検診のお祈りをすると必ず試練がきます 歌詞 後にすべてのことが出来となります こういった石尾でした 私は今 43才です 29歳から 43才まで 14年間かかりました そのあいだに 8年付き合った元の彼女には物のように捨てられ 病気が本格的に悪化し 結婚詐欺師に捨てられ 親には憎まれ いや 違います 親には すこしばかりですがひどい目にあわされ 親戚中から 差別され お呼ばれ 直付けられ 不倫相手には酷いことをされ 自己破産をして 体重が30キロも増えた 自殺未遂もしました 本当に本当に大変なところを通りました しかし 今43歳になって本当に予約 自分の人生は無くはれたと思っています もちろん今も 私は とても弱いです とても弱いというか 本当に本当に弱いです でも 今 私はあまりおそれていません それはどうしてかというと 失敗から成功を学んだというところもあります でも一番何より大きいのは嫁のあいが変わらないということです もちろん両親の相も変わりません 弟の相も変わりません 親友もできました お仕事もしています 年金も入ってきます 病気も快方に向かっています