リラクゼーションの時間です

Month: 10月 2015

友達の入院

私にはなかなか友達ができません それは私が途方もない癇癪持ちだからです 今まで出てきた友達で全部私の解釈でわかれてきました そのことで私は本当に泣いていました 友達ができない自分のことを恥ずかしいと思っていました それでも今私には 多分一生の友達と言える 親友ができました 福岡に住む21歳の友達です その友達には本当にどれだけ助けられているか分かりません その友達は精神疾患をかけているにもかかわらず キャバクラで働いていて それでもやっぱり どうしても働くことができなくなって それで家出休んでいると休んでいる自分を役立たずと思って せめてしまったり 家事ができないので 家事もできないと言ってせめてしまった そういう悪循環に陥っていました 親友には本当にあまりにも不幸な家庭環境があって それで どうしても どうしても 入院することになりました
入院はつらいかもしれないけど、何も考えなくても済むからいいんじゃないかとおもいます。

お友達

新しくお友達ができました 本当に嬉しいな 茨城に住むお友達です お友達は ftmの彼氏さんがいます いわゆる性同一性障害ですね ftmの彼氏さんは ゴルフ場で働いています お友達は私達と同じ精神疾患なので 障害年金で暮らしています そのお友達も実は内職をしたいらしいので 私が今いただいているお仕事をどうかな と言ったら 文章を書くのは苦手と言われました 非常に残念です 私は今まで何人くらい 今私を雇ってくださっている方に紹介してきました とにかく私を雇ってくださっている方には 今日もシートを追加していただいたので本当に感謝の気持ちでいっぱいです 私たちの家庭が貧しいのをたくさんしていると思います 今月10月の目標金額は大きくでまして 7万円です 今のところは まだ4千円しかかせいでいません 7万円というのはあくまでも目標であり 4万円程度でもなんとかなるかなと思っています 商品を買いすぎないこと 食費を押さえること

風邪

嫁が 今日は不調です 風邪をひいてしまいました この時期はみんな風邪をひきやすいのです 私がもっと住んでいた 岩手県では 10月になると中旬から雪が降ります 岩泉町という所に5年暮らしました 岩井町一岩泉町では 多いときで雪が2メートルくらいつもります 今嫁が憎の事をちゃんと言いました という事です 私は 岩手県で教員をしていた時に本当にもつくづく人生は嫌だなと思っていました なぜかというと あまりにも どこにいっても亀虫がいるからです カメムシ ご存知でしょうか 触ると とてもくさいのです 今思い出す本当に外しますが 教員住宅に暮らしていました 5年下さいました 教員住宅のうらに山があって そのやまから この秋の時期 カメムシが教員住宅にめがけてやってきます その数のカメムシが教員住宅にやってきます そして 秋になるとカメムシが教員住宅に大発生 皆さん想像できるでしょうか 部屋の至る所にカメムシがいるというところ 毎日毎日 それが続くのです バルサンをたいたとしてもせいぜい1週間くらいもちません 1日に50分くらい退治するのです 皆さん想像できるでしょうか 私はそこに5年間暮らしたので 皆さん どうぞ 想像してみてください カメムシは緑色をしています どうですか 気持ち悪いでしょ どうですか 精神疾患でしょ

嫁の愛

私は29歳のときに イエスキリストに 検診のお祈りをしました 主の十字架 東京アンテオケ教会 パウロ秋元牧師 パウロ秋元牧師の説教に イエスキリストに 検診のお祈りをすると必ず試練がきます 歌詞 後にすべてのことが出来となります こういった石尾でした 私は今 43才です 29歳から 43才まで 14年間かかりました そのあいだに 8年付き合った元の彼女には物のように捨てられ 病気が本格的に悪化し 結婚詐欺師に捨てられ 親には憎まれ いや 違います 親には すこしばかりですがひどい目にあわされ 親戚中から 差別され お呼ばれ 直付けられ 不倫相手には酷いことをされ 自己破産をして 体重が30キロも増えた 自殺未遂もしました 本当に本当に大変なところを通りました しかし 今43歳になって本当に予約 自分の人生は無くはれたと思っています もちろん今も 私は とても弱いです とても弱いというか 本当に本当に弱いです でも 今 私はあまりおそれていません それはどうしてかというと 失敗から成功を学んだというところもあります でも一番何より大きいのは嫁のあいが変わらないということです もちろん両親の相も変わりません 弟の相も変わりません 親友もできました お仕事もしています 年金も入ってきます 病気も快方に向かっています

Copyright © 2018 リラクゼーションの時間です

Theme by Anders NorenUp ↑