リラクゼーションの時間です

Month: 3月 2015

人生

何を書けばいいのだろうか。
人が死にたいといっているときに、それをみすみす診てみぬふりをして、それでも、普通に平気に生きていられない。
昨日、スカイプで知り合った人。
今すぐにでお死にたいと言っていた・
お金がない。
食べ物がない。
住むアパートから出てけと言われている。
生活保護世帯。
家賃滞納。
タバコを数。

父親からの激しい暴力。
兄からの性的暴行。長年にわたる。
男性からの暴行。

そんな人生もあるんだな。
あんまりだとは思うけれども。
そいで俺は、同情しすぎたよ。
完全に、欝をもらってしまいました。

恐ろしい夢も見たし、今も、かなり怖いです。
明日、クロネコやまとにお願いして、
玄米とか、レトルトカレーとか、お茶とか、を送ります。

でも、これ一回きりね。
そうそう。
俺は、面倒みきれないし。
他人。
第三者ではなくなったけれども、
もう、怖いです。

それにしても、

本当にいろんなこtがありすぎる人生。
俺は、強くなりたいなあ。
俺は強くなりたいなあ。

語る

政治ですか。
あー
うーん。
自民党ねえ。
金と権力。
アメリカと大企業。
ほんのひと握り。
富を有するのは、ほんの少し。

でも、共産党に政権が委ねられることはないでしょう。
俺も、昔は、共産党こそ、やとう第一党になるべきとは思っていたけれど、
与党にはなれないげ。
なんといっても、軍隊は必要だ。
近くには、北朝鮮。
中国。
韓国だって、いつも、反日。

TOYOTA、日立、パナソニック、ホンダ。

確かに、これら大企業が、日本の経済を牽引しているのは否めないし。
共産党が擁護しているのは、今のところ、「中小」企業。
うむ。
必要不可欠な党ですけれども、今以上に増えることはないでしょう。

それから、なんですか
経済?
あーこれは全然わからないです
お金もうけっていうか、儲けとは違うのでしょうけれども、
本当にわからないのです。
高校のとき、公民で経済について、たとえばアダムスミスについて習ったときも、

全然わからなかった。
今でも、インフレが何かわかっていないからね。

子ども

俺の夢ってなんだろうなあ。
そうだなあ。
子どもがほしいかあ。
そうだなあ。
もう少し広い所に住んで、
そうだなあ。
子どもがほしい。
43歳。
俺は、女だし、子宮もとった。
妻に、子供を産ませるっていうのもありだけど、うーん。

それよりも、養護施設から、女の子を引き取るっていうのが夢かなあ。
10歳くらいの、女の子。
おしゃまさん。
どんなにさみしいか、それを俺も妻も知っている。
うーん。

そういえば、23歳のときに、元の彼女とつきあっていたとき、
本当に子どもがほしかtt

父親になりたかったのですよ。
だってさ。
子どもってさ。
愛そのものですよ。
当たり前だけど、差別や偏見もあるでしょう。
日本ではどうしても避けられない。
でもね。
それでもね。
温かいご飯と、帰れる家と、お父さんとお母さん。
それでいいじゃないですあ。
お父さんは、元先生だから、ちょっとだけ、勉強を教える。
お母さんは、音楽が好きだから、一緒にライブにいく。
ああ、いいなあと思います。

いろいろ

「いろいろ」20
やっぱり、今日、おでんを作るのは無理だな・
それから、1日に、30個。
かなりタイへ。
確かに、金は欲しいけれども。
でもさあ。
今までえーとね。
20個書いたのね。
あと、10個か。
まあ、できるといえばできrわな・
それにしても、管理人さん、かなり無責任。
俺たちは信頼していたのになあ。

それにしても、かっぱえびせん激うま。
マジうまい。
本当においしい。
なぜ、こんなにおいしのか。
本当にやめられない。
マヤクだ。
ぱいの実もマヤク。
昨日もぱくぱく食べた。
今日も食べる。
このツートップ。
勝てねえ。

ぐるちゃどうしよう。
俺たちは、招待の仕方がわからねえから、管理無理だと妻が言う。
でも、今日、夜に、なっちから、招待の仕方を教わればいい話。
そうだよ。。

俺たちもなにか、自分にできることをしようよ。
あれ・
妻は乗り気じゃない

この人はいつも、責任ある立場に立とうととないよよね。
それはまあ、仕方ねえか。
でも、このままじゃあ、管理人がいないままだ・

ますます

「目標」10

話していて、楽しい人と、つまらない人といる
最近楽しいのは、何かに向けて頑張っている人がいい。
俺は、今、人生の目標を見つけた。
東大に入って、なんとか自力で学費を捻出し、大学院に行って、助手、助教授、教授となって、若い人たちに生き方を提案し、自分自身でも、文学を専攻していくことだ。
英語やらなきゃなあ。
数学も、えー
国語。漢文。古文。
んー
苦しい。
何も東大ではなくても。
もう一回、東北大。
でも、遠い。
では、埼玉大学。
簡単ぽい。
すぐに、大学院に入れそう。
そうするかなあ。
北浦和にあるし。
電車とバスに乗れるし。
そうだ。
ちょっと埼玉大学に聞いてみよう。
どうすれば、大学院に入れますか。
学士は、あります。
専攻したいのは、文学です。
あ、それ意外にもやりたいものがあります。
そうねえ。
埼玉大学か。
東大だとちょっと、現役のときだって、ぜんぜん届かなかったからねえ。
今の俺の、ポンコツ頭では、私立の誰だって入れる馬鹿大学でも入れそう。

Copyright © 2018 リラクゼーションの時間です

Theme by Anders NorenUp ↑